ホームへ > かごしまの職場 企業紹介

かごしまの職場

株式会社久永

2017年10月2日 更新
久永 久永2
〒891-0115 鹿児島市東開町5番地11
TEL 099-210-0555    FAX 099-210-0501

URL http://www.kk-hisanaga.com

会社概要  当社は、常に地域に貢献できる独自性を追求し、お客様から常に選ばれる「オンリーワン企業」を目指して、最適な「計測システム環境」と「オフィス環境」をご提供いたしております。
 「計測システム環境」は、デジタル化、ネットワーク化が進行し、その用途は「測るだけ」のものから地理情報、災害予防、農業気象、環境保護のためのシステムに進歩しています。
 私たちは即座にお客様のニーズを把握し、測量システム、気象観測システム、各種計測システムにおける最適なシステムを提供いたします。
 「オフィス環境」では、情報システムの効率性、セキュリティー、事務所と店舗等の快適性が求められています。
 私たちは、OAシステム環境、ネットワーク環境、商業施設、文化施設のご提案を通して、安全で快適な「仕事の空間」を提供いたします。
 また、お客様にご満足いただけるサポート力とサービス品質でお客様のビジネスに高い付加価値を提供できるよう活動いたしております。
 お客様からの「信頼」と「ありがとう」が私たちの原動力です。
 「お客様の喜ぶ顔が見たいから・・・」私たちは、お客様と共に新たなビジネスを創造するパートナー企業を目指します。
職場環境  「力いっぱいの仕事のあとは、最良の環境のなかで豊かな余暇をエンジョイする」
この考えをもとに当社は、福利厚生の充実に力を注ぎ、また、クラブ活動の奨励など、効果的な余暇の使い方に積極的に取り組んでいます。
福利厚生 各種社会保険、退職金制度、昇給年1回、賞与年2回、社員研修旅行、グループ球技大会、誕生日ケーキ 等
勤務の概要 就業時間 8:30~17:30
教育訓練制度 新入社員研修、資格取得支援制度
スキルアップ通信教育制度 他
休 日 年間休日115日(当社カレンダーによる)
土曜(月1回出勤有り)、日曜、祝日、盆休(5日)、年末年始(7日)
退職金制度 有(3年半以上勤務)
Company
Profile
代表者:代表取締役社長 久永 修平
設 立:昭和21年12月(創業:大正8年6月)
資本金:3,000万円
支 店:関東(埼玉)・宮崎
営業所:鹿屋・川内・大島・国分・熊本・八代・延岡
従業員数:90名 (男78名、女12名)
事業内容 卸小売業
官公庁・市町村役場や大手民間企業、建設事業関係および測量業関係の会社にOA・IT機器やオフィス家具、測量システム、気象機器等を提案・販売・サポート
採用実績 平成28年度/中途9名
平成29年度/中途6名
平成30年度採用予定/大学2名
企業への
問い合わせ先
TEL:099-210-0555
採用担当:総務部総務課 大橋

[募集職種]
営業職

[応募方法]
電話連絡の上、履歴書・職務経歴書(中途採用)を下記住所まで送付してください。 
〒891-0115 鹿児島市東開町5番地11
募集状況については、電話でお問い合せください。ハローワークの求人票でも確認できます。

[採用時期・スケジュール]
通年、随時募集中

若年者に期待すること
営業本部 Y.M

 当社では、「フォスターワン」に全社で取り組んでいます。
 フォスターワンとは「1を育てる」という意味であり、「1を育てる」とは二つの意味があります。
 一つは、あなた自身という世界でただ一人の人を育てるという意味です。
 二つ目は、オンリーワン・ナンバーワンを育てるという意味です。
 どんなに小さくてもいいから何か「1番」なものを作る。それは、なんでもいいのです。
 フォスターワンを達成することで、成長し続けて頂きたいと思っています。

当社に入社して良かったこと
[平成27年8月入社] 営業本部 T.A

 当社では、様々な業種・業態のお客様がいらっしゃいます。そのため、多種多様な商品を取扱いしています。日々新しいものを勉強していくのに大変な面もありますが、社内勉強会や研修会があり、スキルアップのための機会を設けて頂いております。
 また、先輩社員も皆さん優しく、分からない点は快くご教示頂いております。
 当社では、球技大会があり、本社や営業所、グループ会社が集まり楽しくプレーし、社員同士のコミュニケーションを図る場となっております。

<わが社で活躍している人物像>

 当社は、創業100周年が2年後の歴史ある企業です。
 歴史ある日々の中で、活躍してきた方は、
「社訓」
 1.誠実であれ
 1.自信を持て
 1.忍耐強くあれ
 1.努力し工夫せよ  を確実に実行し、
何事にも真摯に取り組む「真面目さ」と新しい事に関心をもち身につけていく「吸収力」を発揮し続けること。これが成長のカギのようです。

ページの先頭へ