ホームへ > かごしまの職場 企業紹介

かごしまの職場

JA鹿児島県連

2017年9月29日 更新
JA鹿児島県連 JA鹿児島県連新人研修
JAマンの基礎を学ぶ「フレッシュマン研修」
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町15番地
TEL 099-258-5155    FAX 099-254-7985

URL http://ja-gp-kagoshima.jp/

会社概要  JA鹿児島県連は、JA県中央会・JA県信連・JA県経済連・JA県厚生連の総称です。
 JAは、「相互扶助の精神で、農業者の農業経営と生活を守り、よりよい地域社会を築く」ことを目的に運営しており、その実現のためにJA鹿児島県連は『信頼から生まれる農業とくらしの未来~足を運んで心をつむぐ~』をテーマに、協同と連携による多様なネットワークづくりに取り組んでいます。
 競争社会と言われる今だからこそ、相互扶助の精神で人と人との絆を大切に、豊かな地域社会づくりを目指します。
職場環境  JA鹿児島県連は人材を人財として考えます。人財を育成するための教育研修、その他に資格取得や自己啓発のための制度も充実しております。私たちが求める人財は、自ら考え行動できる方。人との絆やつながりを大切に考えられる方。そして、やはり一番は、鹿児島の農業のために何かしたい!という熱い気持ちのある方です。その他、サークル活動が盛んですので、仕事もプライベートも楽しみたいと考える方には環境が整っていると思います。
福利厚生 食堂、喫茶室、理髪室、職員厚生資金貸付
勤務の概要 就業時間 8:30~17:00
教育訓練制度 ○ 階層別研修
 フレッシュマン研修、農家体験実習、フォロー研修、スキルアップ研修、コーチング研修ほか
○ 目的別・課題別研修
 戦略型研修、JA監査士養成研修、接遇研修ほか
○ その他研修
 派遣研修、自己啓発助成制度、交通安全法令講習ほか
休 日 完全週休2日制、祝日、年末年始、夏期休暇、盆休、年次有給休暇、特別休暇
退職金制度 有(3年以上勤務)
Company
Profile
代表者:
 中央会会長        山野  徹
 信連経営管理委員会会長  柚木 弘文
 経済連経営管理委員会会長 永福 喜作
 厚生連経営管理委員会会長 山野  徹
設 立:昭和23年
資本金:381億5691万円
(平成28年3月31日現在)
従業員数:985名(男569名、女416名)
事業内容 JAの総合指導および信用事業・経済事業(販売・購買事業)・厚生事業をそれぞれ専門的に行っています。
採用実績 平成28年度/大学15名、短大3名、高校3名
平成29年度/大学21名、短大3名、高校4名
平成30年度採用予定/大学18名、短大4名、高校2名
企業への
問い合わせ先
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町15番地
TEL 099-258-5155 FAX 099-254-7985
ホームページ http://ja-gp-kagoshima.jp/
採用担当:今村・下岡・脇

[募集職種]
総合職、営業職、技術職(園芸)、獣医師

[応募方法]
本会ホームページよりご案内いたします。

[採用時期・スケジュール]
本会ホームページよりご案内いたします。

若年者に期待すること
総務部 人事課 課長 T.S

 皆さんが就職活動において企業に求める内容は一人ひとり異なると思いますが、JAは「JA綱領」といういわゆる「企業理念」に沿って様々な事業を展開しておりますので、先ずご紹介いたします。
一、地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう
一、環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう
一、JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう
一、自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう
一、協同の理念を学び実践を通じて、ともに生きがいを追求しよう
 よって、本会が期待する学生は、この「理念」を理解し一緒に取り組んでくれる人材。
 つまり、「農業を理解し、コミュニケーション力を持った明るくて元気な人材」を求め
ております。

当社に入社して良かったこと
[平成28年度入会] 経済連 野菜振興課 S.H

 私は野菜の販売業務を行っています。実際に産地に出向いて生育状況などを確認し、全国の市場での安定販売に努めています。農家さんの所得に関わる仕事であるため、責任をもって業務に取り組んでいます。入会してよかったと感じることは、農家さんから「来年はもっと面積を増やしたい」という言葉を聞いたときです。売上に貢献できたと実感する瞬間でもあり、やりがいを感じることができます。鹿児島県は農業が盛んであり、全国でもトップクラスの農業県です。鹿児島県の経済は、農業に支えられていると言っても過言ではありません。現場の声を第一とし鹿児島の経済を盛り上げていけるよう、日々の業務に取り組んでいます。

ページの先頭へ