ホームへ > かごしまの職場 企業紹介

かごしまの職場

鹿児島興業信用組合

2017年9月29日 更新
鹿児島興業信用組合 か_鹿児島興業信用
地域行事への参加(国分夏祭り)
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町17番11号
TEL 099-224-3175    FAX 099-239-0365

URL http://www.ka-kousin.co.jp  Mail:soumu@ka-kousin.co.jp

会社概要  当組合は昭和28年5月に創業し、中小企業者や一般勤労者の生活の安定と社会的地位の向上を図るため、預金、融資、内国為替、各種政府金融機関の代理業務等幅広い金融業務を推進しております。また少子化時代に沿った「すこやか定期積金」、自治体と提携して取り組む健康サポート定期預金「いっど健診」などの取扱いを始め、今後ますます多様化する金融業務に対応できるサービスの充実を図っております。これからもさらに人と人とのふれあい、温かさのある庶民の金融機関という強みを生かして、より深く地域社会に密着したコミュニティバンクとして奉仕を続けたいと思っております。
職場環境  現在、鹿児島県内に31店舗の本・支店があります。その営業地区は鹿児島県下一円におよび、明るく和やかで働きやすい職場として整備され、活気があり、お客様にも“こうしん” の愛称で親しまれております。
福利厚生 各種社会保険、厚生年金基金、退職一時金、住宅・福利厚生資金融資制度、社宅、独身寮、グラウンドあり。
勤務の概要 就業時間 通常日 8:45~17:30
     特定日 8:45~18:15
教育訓練制度  入組後は、金融業務全般を教育する「新入職員集合研修」を本部(鹿児島市)で行います。
 その後、仮配属店舗で専門的実務を習得する「営業店研修」を行い、定期的(6月、9月、12月)に本部に集合し、不足した知識を補う「新入職員フォローアップ研修」を実施しています。
 また、入組1年後に「入組2年生研修」を実施するなど、新入職員を指導する研修を充実させています。
 さらに、通信教育制度や検定試験制度があります。
休 日 完全週休2日制、祝祭日、年末年始4日間、連続休暇、有給休暇
退職金制度 退職一時金、厚生年金基金
定年制 60歳(継続雇用制度65歳まで)
Company
Profile
代表者:理事長 滿田 學
設 立:昭和28年5月
資本金:60億8,200万円
従業員数:265名(男161名、女104名)
事業内容 中小企業等協同組合法及び協同組合による金融事業に関する法律による預金業務、融資業務、内国為替業務、代理業務、国債の窓口販売の取扱いその他金融一般の付随業務
採用実績 平成27年度採用/15名
  (大卒8名 短大卒1名 高卒6名)
平成28年度採用/9名
  (大卒6名 高卒3名)
平成29年度採用/10名
  (大卒6名 短大卒1名 高卒3名)
平成30年度採用予定/若干名
  (大卒・短大卒・高卒)
企業への
問い合わせ先
鹿児島興業信用組合総務部 採用担当
TEL:099-224-3175
[応募方法]
※詳細は、当組合のホームページをご覧ください。

若年者に期待すること
理事長 滿田 學

 素晴らしい夢を持つ若者を採用したい!夢は崇高で、次元の高いものが良いとされております。夢は実現することだけが目的ではなく、夢に向かって突き進むことこそが重要なことであります。毎日毎日、夢を描き続けると強い願望に変わってきます。強い願望があれば、遊んでいるときでも、町を歩いているときでも、なんでもない現象の中に、素晴らしいチャンスが、潜んでいる事が見えてきます。しかし、それは強烈な目的意識を持った人の目にしか映らないものです。目的意識のない、うつろな目には、どんなに素晴らしいチャンスも見えることはありません。こうしんは地域金融機関として、地域の中小事業者並びに一般勤労者の繁栄発展のために、共に行動できる若者のチャレンジに期待します。

当社に入社して良かったこと
[平成26年4月入組] 渉外担当 Y・U

 個人・法人のお客様を1日に30~40軒訪問し、売上金の集金、預金や融資のご相談などを受け付けています。お客様は経営者や経理の方、会社の従業員やその奥様など幅広い年齢層、多業種の方がいらっしゃいます。仕事の中で私が気をつけていることは、日頃からお客様との会話を大事にして、信頼関係を作り上げる事です。会話の中には様々な、お客様の情報があります。
 例えば、「子供が大学へ進学するけど、お金がかかる」「今は借家だけど、いつかはマイホームが欲しい」など会話を通して、お客様の悩みや将来の夢をお聞きする機会があります。こうしたお客様へ商品提案や情報提供、アドバイスをしてお客様に喜んでいただけるよう一緒に考え悩み、将来の“夢のお手伝い”をするのが私の仕事です。

ページの先頭へ